リンパマッサージ資格取得学 » リンパマッサージ資格取得の基礎FAQ » リンパマッサージセラピストになると年収いくら稼げる?

リンパマッサージセラピストになると年収いくら稼げる?

社員orパート?独立or勤務?働き方によって千差万別

リンパマッサージのイメージ

リンパマッサージ師の年収は、当然ですがどんな働き方をするかによって変わります。当然ですがパートよりも正社員、未経験者よりも経験者のほうが年収が高くなる傾向にあります。専門技術が必要な職種ですので、スキルレベルによっても変わってきます。

また、勤務と同じくらい、独立開業を考える人が多いのも特徴です。ただ、独立すれば収入も上がるかもしれませんが、もちろんリスクもあり、まずは勤務でしっかりと経験を積む人が多いようです。

正社員として働く場合

全国的な平均年収は300万円弱。月給は20万~50万円程度と少し幅があります。未経験スタートの場合はもう少し月給が下がるため、年収216万円程度になるでしょう。持っている資格の種類よりも実務経験を重視するサロンが多く、経験があれば給与の調整やインセンティブ給の受給が可能です。

指名手当や達成手当を設けているサロンも多いので、はじめての就職や試用期間はあまり給与は高くありませんが、経験を磨いていきお客さんがついてくれば一般的な会社員よりも稼げる可能性があります。

パートで働く場合

経験者で時給1,000円ほどが相場です。サロンの求人を見ると「1日3時間以上」「週に3回からOK」といった記述がよく見られるので、自分が希望したシフトによって年収は大きく変わってきます。仮に1日5時間、週4日働いたとすると、年収は95万円程度。未経験採用の場合はさらに低くなる可能性があります。

サロンによっては能力給や指名手数料が加算されるところもありますが、夫の扶養内で働きたい主婦の方向けの働き方、という印象です。

開業して働く場合

独立開業した際の年収は未知数。利益を上げた分がそのまま自分の年収に直結します。固定客がつくまでは大きな収入は望めませんが、売れっ子になれば年収1,000万円も夢ではありません。

仮に30分5000円のコースを設定し、週5日毎日4人対応していれば、月の収入は40万円。年間にすると480万円になります。単価をより多く設定したり、対応人数を増やすことでさらに高くなるでしょう。もちろん毎月の家賃や消耗品購入で出費も出るため、はじめのうちは出張サロンや自宅サロンにして毎月の出費を抑えるのがおすすめです。

経験やノウハウを持っていると有利

リンパマッサージサロンのセラピストの年収は働き方によって大きく変わるのは間違いありません。しかしその際、重視されるのが経験や能力の有無です。能力によって給与を設定しているサロンがほとんどですし、開業の際には集客のテクニックが必要になります。

年収をできるだけ高くしたいと思うなら、資格取得の際のスクール選びが重要。卒業後に直営サロンで経験を積めたり、経営・集客のテクニックまで教えてくれたりするなど、サポートの手厚さに注目しましょう。

Pickup

サポート充実×体験入学が受けられる「リンパマッサージ」資格3

都内にある30校以上のスクールを調査して“一生使える”資格を厳選しました。選定の基準は以下の2点になります。

  1. 開業サポートがある・・・施術スキルだけでなく開業ノウハウまで学べることで取得後の働き方の幅が広がります
  2. 体験入学できる・・・事前に講義内容との相性を試すことで、入学してからイメージと違かったと後悔がありません

どのスクールがいいか迷ったら、まずは体験入学してみることをおすすめします。