リンパマッサージ資格取得学 » リンパマッサージ資格取得の基礎FAQ » リンパマッサージの技術が活かせる仕事とは

リンパマッサージの技術が活かせる仕事とは

リンパマッサージの資格を取得後、その技術や資格をどのような仕事や業界で活かせば良いのでしょうか。ここでは、リンパマッサージの資格を取得するメリットや、リンパマッサージの技術を活かせる仕事について解説しています。

リンパマッサージを仕事に活かすメリット

リンパマッサージの資格を取得することで、プロとして独立開業を目指せる他にも、様々なメリットが考えられます。

リンパマッサージの技術力を客観的に証明できる

リンパマッサージの資格を取得すれば、リンパマッサージに関する専門知識や施術スキルを身につけていると客観的に証明することが可能です。特に、協会認定の資格を取得すれば、相応の技術力や知識を備えていると認められるため、プロとしての信頼性を高められることがメリットです。

また、資格によっては自らが講師として指導できたり、さらに上位の資格取得を目指せたりと、キャリアアップやスキルアップに役立つことも重要です。

仕事の幅を広げられる

リンパマッサージの技術を身につけることで、現在の仕事や業務の幅を広げることもできます。例えば、医療現場や介護施設で働いている人が、リンパマッサージやリンパドレナージュの資格を取得した場合、患者や施設入居者へリラクゼーションを目的とした施術を行ったり、がん治療やリハビリへ役立てたりすることも可能です。

その他、美容室やネイルサロンで働く人であれば、プラスアルファのサービスとしてマッサージを提供することもできるなど、アイデア次第で活用の幅は広がります。

就職や転職に役立つ

取得した資格は履歴書に記入できるので、就職や転職時の活動で有効です。また、グレードの高い資格を取得していれば、それがそのまま即戦力の証明になってくれるため、キャリアアップの可能性も高まっていくでしょう。

さらに、スクールや協会によっては、資格取得者に対して提携サロンや提携ホテルなどでの就職を斡旋していることもあり、資格取得後すぐにプロとして働くことができます。

リンパマッサージが活かせる職種

リンパマッサージの資格や技術が活かせる職種には、様々なものが考えられます。

エステサロン

個人でエステサロンを開業したり、既存のエステサロンへ就職したりと、サロンはリンパマッサージの資格を活かせる職場の筆頭です。また、資格を取得したスクールや協会と提携しているエステサロンであれば、採用時にも有利になることがあります。

その他、スクールによっては卒業後のサポートが充実しており、エステサロンを経営していく上でのノウハウやマーケティング戦略について相談できることもあります。

整体・鍼灸サロン

整体・鍼灸サロンでは、付属的なサービスとして、リンパマッサージの施術を提供していることもあるでしょう。マッサージは無資格でも行えますが、きちんとした資格を求められる整体・鍼灸サロンでは、マッサージを担当する人材にも専門性を求めていることが多く、技術を証明できる資格は重要です。

リラクゼーションサロン

様々な手法でお客様の心と体へアプローチして、ストレスを軽減しながらリラックスした状態へ導いていくリラクゼーションサロンでは、資格取得者が所属していることで店としての信頼性を高めることができます。また、リンパマッサージのメニューを拡充したり、既存のメニューに技術を取り入れたりと、店舗経営の発展性を期待できることもポイントです。

美容院

美容院は日本全国に数多く存在しており、それぞれの店舗は他店との差別化を図るため、色々なサービスや経営戦略を考えています。そのため、リンパマッサージの有資格者がいれば、カットを待っている人へのフォローがしやすくなり、顧客満足度を向上させられるかも知れません。また、特に服を着たままでマッサージを行える技術を取得していると、その有用性はさらに高まると考えられるでしょう。

ヨガ

ヨガ教室では、伝統的なヨガの理論とリンパマッサージの技術を融合させた、リンパマッサージヨガなどを提供していることもあります。呼吸法や運動によって代謝を活性化させ、様々な効果を目指すヨガに、プロのリンパマッサージ技術を組み合わせることで、一層のリラクゼーションメニューを考案できるかも知れません。

医療施設

医療施設では単なるリラクゼーションを目的としたマッサージだけでなく、浮腫治療や循環機能ケアの一環として、医療用リンパマッサージ/リンパドレナージュの導入が進んでいます。医療用リンパマッサージは、医師や看護師、理学療法士といった国家資格を持っている人のみが行える医療行為であり、医療従事者としての価値を高める上でもリンパマッサージ/リンパドレナージュの資格取得は有効です。

介護施設

国内の高齢化はますます進んでおり、2025年には国民の4人に1人が75歳以上の後期高齢者に達するなど、要介護者の増加が深刻化しています。

しかし、見方を変えれば今後はますます介護業界の重要度が増していくということであり、介護施設でも独自のサービスや入居環境をアピールする手段として、きちんと資格を持ったプロによるリンパマッサージの提供は魅力的です。また、介護施設だけでなく、訪問介護でもリンパマッサージの技術を活かせるチャンスは多そうです。

Pickup

サポート充実×体験入学が受けられる「リンパマッサージ」資格3

都内にある30校以上のスクールを調査して“一生使える”資格を厳選しました。選定の基準は以下の2点になります。

  1. 開業サポートがある・・・施術スキルだけでなく開業ノウハウまで学べることで取得後の働き方の幅が広がります
  2. 体験入学できる・・・事前に講義内容との相性を試すことで、入学してからイメージと違かったと後悔がありません

どのスクールがいいか迷ったら、まずは体験入学してみることをおすすめします。