リンパマッサージ資格取得学 » リンパマッサージ資格取得の基礎FAQ » リンパマッサージの資格にはどんな種類があるの?

リンパマッサージの資格にはどんな種類があるの?

数多くの資格がある中で、選ぶべきポイントは…

リンパマッサージのイメージ

リンパマッサージの資格は、民間のスクールや団体による「認定資格」です。認定するスクールや団体、協会によって資格名がそれぞれ異なるため、数えきれないほど多くの資格が存在しますが、どの資格を取得してもセラピストとして活躍できるほか、資格による大きなちがいはありません。

ただ、マッサージの目的によって特化した分野に分かれているため、ひと口に「リンパマッサージの資格」と言っても、習得できる資格名称やカリキュラムが異なります。

まずは、代表的なリンパマッサージの資格の種類や大まかな特徴を知っておきましょう。

主なリンパマッサージの資格

リンパドレナージュ

リンパドレナージュを開発したヴォッター博士の理論に基づいた、オイルやパウダーを使わないマッサージです。両手で体のリンパが通る部位をやさしく撫でて、リンパの流れがスムーズにいくように、肌表面を弱い力で刺激していきます。もともとは医療分野での浮腫(むくみ)を改善するためのものでしたが、美肌効果や疲労の緩和、リラックス効果をもたらすとされ、美容や癒しの目的で広まりました。

医療用リンパドレナージュ

がんなどの病気治療でリンパ節を取り除いたり放射線治療をしたりすると、リンパの流れが停滞し「リンパ浮腫」を起こすことがあります。医療用リンパドレナージュは、その浮腫に対して行うマッサージです。一般的な癒しや美容用とは異なり、治療を目的としています。こちらは医師や看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師いずれかの資格を持っていないと取得することができない、医療従事者向けの資格です。

リンパケアセラピスト

アロマオイルを使ってリンパの流れを整える「オイルリンパトリートメント」のプロです。リンパケアセラピストになると、リンパの流れに沿った施術のほか、精油の効能や組み合わせなど、アロマオイルの知識も身につきます。そのため、アロマテラピストの資格取得を同時に目指せるコースを備えたスクールや通信講座もあるようです。

デトックスセラピスト

便秘やお腹の張りなど、お腹周りの不調や悩みに対して、腸や骨盤周りへオイルマッサージを行うセラピストです。お腹をもみほぐしたりツボを刺激したりして内臓の働きを活発にし、腸に蠕動運動を起こします。腸内に停滞した便の排出を促し便秘が改善されるため、美肌にも良いと女性に人気です。

老廃物を排出することで体内の機能が高まり、体や腸が本来持つ自然治癒力を高めると言われています。

リンパリファインセラピスト

全身のリンパケアとツボ療法を同時に行うことで、体内にある不要物の排出が促されたり、骨格矯正効果を目指す施術ができるようになります。通常のリンパマッサージに筋肉のもみほぐしを習得できるのも特徴的。オイルによるマッサージのほか、ストレッチ、ツボ押しとオールマイティなマッサージスキルが身につきます。

むくみ改善などの健康増進のほか、小顔やセルライトの予防など、美容効果を求める現場でも重宝されるでしょう。

資格名ではなく学べる内容をチェック

資格名称によって細かな特徴はありますが、基本的には身体のリンパの仕組みを理解して、悩みや身体の不調に合わせたリンパケアを行える点では同じです。

自分が資格取得後にエステサロンなどの美容関係で働くのか、医療や福祉の現場か、家族のケアや趣味として楽しむのか、目的によって取得したほうが良い資格が異なります。どの資格名でなく、何を学べるかで選ぶと良いでしょう。

開業までを見越したカリキュラムがあるか

リンパマッサージを学ぶ上で「一生使える資格を」と考えるなら、将来開業することを想定して、サロンを持つまでのノウハウを教えてくれるかで選ぶのはいかがでしょうか。

資格を取ってサロンに勤めるまでで目標達成か、いずれは自分のサロンを持ちたいのか、具体的にはまだ決まっていなくても、資格取得と同時に経営も視野に入れておきましょう。

たとえ開業とはいかないまでも、勤め先のサロンで、管理業務やマネジメントを任せられる立場にステップアップしやすくなります。キャリアステージが広がる可能性を考えても、経営知識を学んでおくのは、周りとの差をつける上でも有益です。

Pickup

サポート充実×体験入学が受けられる「リンパマッサージ」資格3

都内にある30校以上のスクールを調査して“一生使える”資格を厳選しました。選定の基準は以下の2点になります。

  1. 開業サポートがある・・・施術スキルだけでなく開業ノウハウまで学べることで取得後の働き方の幅が広がります
  2. 体験入学できる・・・事前に講義内容との相性を試すことで、入学してからイメージと違かったと後悔がありません

どのスクールがいいか迷ったら、まずは体験入学してみることをおすすめします。