リンパマッサージ資格取得学 » リンパマッサージ資格取得の基礎FAQ » 独学は難しい?リンパマッサージの勉強法

独学は難しい?リンパマッサージの勉強法

リンパマッサージは独学でも習得できる?

リンパマッサージが独学でも習得できるかを可能・不可能で答えるとすると、可能です。ただし、スクールなどでプロに学ぶケースと比べると、かなりの困難が伴うと思っておいた方がよいでしょう。リンパマッサージのスキルは、本を読んだだけで簡単に身に付くものではないからです。

しかし、やる気があって時間をかけて取り組む強い気持ちがあれば、独学でもある程度はリンパマッサージを習得できる可能性があります。独学を検討している人は、それを選ぶことによって発生するメリット・デメリットをきちんと把握しておくことが重要です。

独学のメリット・デメリット

メリット

費用が安くすむ

スクールを利用してリンパマッサージを習得するには、ある程度の費用を用意しなければなりません。実際に独学を検討している人の中では、費用を大きな問題と捉えている人も少なくないはずです。

「リンパマッサージを習得したいけれど、今すぐにスクールなどでかかる費用を用意するのは困難」という方は、まずは独学からスタートするのもひとつの手かもしれません。

マイペースで学習できる

独学の強みは、自分の好きなときにリンパマッサージの勉強ができることです。

スクールでは決められた時間に何度か足を運ぶことになるので、そのための時間をつくる必要があります。時間の余裕が少ない人にとってスクールは、軽い気持ちで通えるものではありません。

一方、独学は仕事や家事をしながら空き時間に勉強を行います。自分にとって無理のないペースで学習を続けることが可能です。

気軽に始められる

スクール通いは、一度やると決めたあとは簡単に辞められるものではありません。通信教育はある程度は自分のペースでできますが、続ける気持ちが弱いと費用だけを支払って終わってしまう可能性があります。

スクールや通信教育を利用するときは、費用と時間をムダにしないためにもしっかりと計画を立てて行動する必要があります。

その点、リンパマッサージの独学は、時間にしばられることもなくて費用がかからないので、始めるときのリスクが少ないです。また、気軽に始められるぶん、何かあったときには中断することも容易です。

デメリット

わからないことを調べるのが大変

独学では、自分ひとりで学習を進めることになります。そのときに、わからないことが出てきた場合は、自分の力でなんとかするしかありません。

質問があるときは、スクールでは講師の方に聞くことができ、通信教育ではメールなどを通して返答が送られてきます。独学では、知り合いにリンパケアに詳しいマッサージ師がいるとかではなければ、信頼して質問できる相手がいない状態で学習を始めることになります。

間違った知識を覚える可能性がある

手元にある参考書やテキストなどの内容は、必ずしも合っているとは限りません。過去には正しいとされていたものが、時間が進むにつれて実は間違いだったとわかるケースがあるからです。

リンパケアの分野は、日々進歩し続けています。スクールなどでは、新しい情報が出てきたときにはすぐに確認を行います。そして、これまでの施術や知識に間違いがあったときは、スピーディーに対応できる体制が整っています。

間違った知識でボディケアを行うと、相手の身体に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。そうならないためにも、独学では、リンパマッサージの新しい情報を自分で積極的に調べていかなければいけません。

資格の取得が厳しい

独学では、努力やがんばりによっては、資格を取得できるくらいのスキルを習得することも不可能ではありません。しかし、資格取得となると話は別です。

基本的には、スクールや通信学教育などで用意されている講習を受けないと、資格の証明書を発行してもらえません。独学中に資格が欲しくなったときには、結局スクールや通信教育などを利用することになります。

また、独学でスキルを身に付けたとしても、無資格の状態で能力を証明することは簡単ではないことも頭に入れておきましょう。

独学で習得する方法

独学でリンパマッサージを習得する主な方法は、以下の3つです。

参考書・テキストを購入する

リンパマッサージの学習をするときに欠かせないのが、参考書・テキストです。初めのうちは知らないことが多い状態なので、さまざまな書籍に目を通して、少しずつ知識を身に付けていく意識が必要となります。

ボディケアに関する参考書・テキストは数多くあるので、その中から読みやすくて自分のレベルに合っているものを選ぶようにしましょう。

また、リンパマッサージを習得するためには、ボディケア以外にも覚えるべきことがたくさんあります。解剖学や生理学、病理学などの医学書で、人の身体についての勉強も欠かさずに行いましょう。

動画で学ぶ

参考書・テキストを読み進めていくと、どうしても文字で読んだだけではイメージがしにくい内容がでてきます。そんなときに、便利なのが動画です。目で見て確認する動画は、内容によっては書籍よりも短い時間で理解できるかもしれません。参考書・テキストと併せて、積極的に活用しましょう。

動画を手に入れるときは、リンパマッサージ関連のDVDなどを購入する方法が手堅いです。費用はかかりますが、実績のある方が自分の名前を使って出している動画は、有益な情報である可能性が高いからです。

費用をかけないで動画を見る場合は、YouTubeなどの動画サイトにキーワードを入れて探していくとよいでしょう。

リンパマッサージを受ける

書籍や動画ではどうしてもカバーしにくいのが、リンパマッサージの技術の習得です。独学では、実際にプロの施術を受けて学ぶことで、技術の習得を目指します。

施術を受けているときは、力の入れ具合や身体の使い方、動作などをしっかりと確認するようにしましょう。プロの施術からは学ぶことが多いのは言うまでもありません。できるならば、何回も施術を受けて着々と技術を身に付けたいところです。

リンパマッサージを受けて多くのことを学んだあとは、自分の手で実践してみるのが理想です。協力者がいるなら施術を受けてもらって、そのときに感じたことを教えてもらうとよいでしょう。

リンパマッサージの資格を取得するならスクールがおすすめ

リンパマッサージの資格は、独学のみでは取得難易度が高いです。資格が欲しいときは、教育機関の利用を検討しましょう。費用はかかりますが、その代わりにスムーズに資格を取得することができます。

リンパマッサージの資格を取得するときは、通えるならばスクールの利用を勧めます。資格を取る過程で、リンパケアに関する総合的な知識やボディケアの技術を習得できるからです。費用と時間はかかりますが、多くのことを学ぶことができます。

通信教育で受けることも可能

スクールでリンパマッサージを学びたいと思っていても、時間がないと通うことができません。どうしても時間の都合がつかない方は、通信教育を利用して資格の取得を目指してみてはいかがでしょか?通信教育でも、資格の取得を目指すことが可能です。

通信教育は、自宅にいながらリンパマッサージに関する知識を身に付けることができます。学習を進めてわからないことがあるときは、質問をして確認することもできます。そして、受講料はスクールと比べると大幅に安いです。

リンパマッサージは独学よりもプロに学ぼう

独学でも、努力や工夫の仕方によっては、リンパマッサージを習得することは可能です。しかし、自分ひとりで知識や技術を習得するのは難易度が高くて簡単ではないので、気軽にオススメできるものではありません。

ゆくゆくはリンパマッサージを本業にすることを考えている方は、スクールなどでプロから多くのことを学んだ方がよいでしょう。その方が確かな知識と技術が身に付きつきやすくて、資格の取得にもつながるからです。

Pickup

サポート充実×体験入学が受けられる「リンパマッサージ」資格3

都内にある30校以上のスクールを調査して“一生使える”資格を厳選しました。選定の基準は以下の2点になります。

  1. 開業サポートがある・・・施術スキルだけでなく開業ノウハウまで学べることで取得後の働き方の幅が広がります
  2. 体験入学できる・・・事前に講義内容との相性を試すことで、入学してからイメージと違かったと後悔がありません

どのスクールがいいか迷ったら、まずは体験入学してみることをおすすめします。